高音質にするためのメニューの御紹介ページです\(^▽^*)いらっしゃ〜いっ(*^▽^)/

何をやったらいいのかわからないという方もコレみてチェックしてください。

なお製品に関するお問い合わせは店頭にてお願いいたします。

スピーカー交換

重要度:★★★★★

効果

スピーカーユニットの特性が変わるので当然音も変わります。
音が変わるのはあたりまえなのですが問題はオーナーの好みに合うかどうかです。
当店でご購入の際には予算と聴く音楽や好みをお聞きして商品を選択していきます。



ヘッド交換・プロセッサー取付

重要度:★★★★★★

効果

ヘッドユニットの特性や調整機能が変わるので当然音も変わります。
こちらもまた音が変わるのはあたりまえなのですが問題はオーナーの好みに合うかどうかです。
選択肢は限られてきますが当店でご購入の際には予算と聴く音楽や好み、ステージの再現希望をお聞きして商品を選択していきます。



アンプ取付

重要度:★★★★★★

効果

アンプの特性や出力が変わるので当然音色や音の立ち上がりも変わります。
こちらもまた音が変わるのはあたりまえなのですが問題はオーナーの好みに合うかどうかです。
当店でご購入の際には予算と聴く音楽や好みをお聞きして商品を選択していきます。



各種ケーブル交換

重要度:★★★★★★

効果

ヘッドユニットとアンプ、アンプとスピーカー間、電源ケーブルなど色々ありますが聴き比べするとはっきり音が変わることがわかります。
こちらもまた音が変わるのはあたりまえなのですが問題は予算とオーナーの好みに合うかどうかです。
当店でご購入の際には予算と聴く音楽や好み希望をお聞きして商品を選択していきます。



サブウーファー取付

重要度:★★★★★

効果

フロントドアなどのウーファーでは再生しきれない低域を再生するためのものです。
サブウーファーですのでチューンナップウーファーとは違うものと思っていただいた方がいいと思います。
音に厚みが出るようになります。
正しだしすぎると色々悪影響もあります。
ウーファーの仕事を減らせるので高域にもかなり影響します。



デットニング

重要度:★★★★★★★★★

効果

スピーカーユニットの性能を引き出すための作業。
コレをやるかやらないかで低域の音の出方や正確さにずいぶん差が出てしまいます。
もちろん中高域や音離れ、音詰まりなどにも大きく影響する為ただ貼ればいいというものでないので大変難しい作業でもあります。

当たり前ですがコレがうまく言っていると少しの音色調整で出音が大きく変化するようになり調整の自由度が増します。


インナーバッフル

重要度:★★★★★★★

効果

こちらもスピーカーユニットの性能を引き出すためのもの。
材質の違いや角度厚み等でずいぶん差が出てしまいます。
材質はMDFやバーチ積層合板などを使用して作ります。



アウターバッフル

重要度:★★★★★★★★
効果

こちらもスピーカーユニットの性能を引き出すためのもの。
こちらはインナーよりも角度が付けられるためウーファーのクロス付近の音にかなり影響するのでディップの少ない音作りに大きく貢献する作業です。
また純正の透過率の悪いグリルの干渉が無いためこもり等が発生しないのでクリアな音質になります。
こちらも材質はMDFやバーチ積層合板などを使用して作ります。



ピラー加工

重要度:★★★★★★★

効果

ツィーターの性能を引き出すための作業。
高域の出方や正確さにずいぶん差が出てしまいます。
もちろんステージの正確さに大きく影響する為取り付けるツィーターにあわせた角度の設定が非常に重要となります。
距離・角度による減衰特性も考慮しなければならない作業です。



吸音拡散処理

重要度:★★★★★★★

効果

こちらもスピーカーユニットの性能を引き出すための作業。スピーカーの動きが変わるので音にも影響します。
音離れや低域の解像度にかなり影響します。
よくS/Nが良いという表現がありますがこの作業を過度におこなうとS/N感が上がるのですが必要な情報まで消えてしまいます。
S/NとS/N感は。。。
ちなみに画像は施工方法の一部(実際とはかなり違いますので。)で量の調整や他方法にて音色を調整します。



電源強化

重要度:★★★★★★★

効果

低域の量感、重心の高さにも影響します。
定位の明瞭さ正確さにずいぶん差が出てしまいます。
方法はバッテリー交換のほか色々ありますのでご相談ください。


プロセッサーなどの調整

重要度:★★★★★★★★★

効果

クロスオーバー・タイムアライメント・各種EQなどの調整をすることでステージや音色を大きく変えることが出来ます。
ただしEQに関してはあまり入れすぎないのが良いと思います。
タイムアライメントにおいては縦・横のつながりを意識して調整していくことにより聴きやすく正確なステージを再現する事が出来ます。